IT業界における職業の変遷

ITの発展にともなって様々な職業も出現してきました。パソコンを使っていた人が、携帯電話からスマートフォンに変え、スマートフォンでPCでしていたことができるようになり、さらにはタブレット端末も開発されより便利にスピーディに仕事も個人使用方法も変わりました。

これだけ変化することにより、これに携わってきた人々の職業にも変化が出てきことは間違いありません。

IT業界で働いていた人の職業は、ネットワークサーバーの管理などを主な職業にしていた人達やスマホのアプリを開発している人、アンドロイドを開発している人、セキュリティー系の開発をしている人などたくさんあります。

スマホのアプリの開発などは、最近までなかった分野ですし、かって評判を呼んだガラケーなどの分野は消えていき、華やかで引く手数多だったWebデザイナーなどは、取り組む人が多くなり汎用性の高い人や仕事も出てきた関係で、この仕事に従事している人の収入は減る傾向にあります

つい最近までそうであったからこれからも、などと考えられないほどのスピードで変化していっているので、これからを見据えたIT業界での仕事選びも必要となってきています。そうでなければ、今している仕事を改めて見直し新たなやり方を一から勉強のし直しを迫られるか、収入の大幅な減は確実です。

というのも、その仕事のやり方ややる人の代わりや方法はいくらでも考えられるからです。
いままでそのスペシャリストに払っていた高い賃金を別の人何人かに安い賃金でやらせたり、外注に出してやってもらうという方法をとれば、コスト削減になるからです。

IT業界は世界共通です。PCがあればどこの誰にでも比較的できる業務です。いままでエンジニアは開発等の仕事はしませんでしたが、今後は営業や組織での仕事やプロジェクトのマネジメント的な仕事にトライしていかなければ、生き残りは難しいといえます。

いろいろ調べていたら、フリーエンジニアの仕事をしている人のスカウトについて書かれたサイトを見つけました。生き残りどころかスカウトされるくらい引く手数多な技術者もいるのですね。そうなるためには相当な努力が必なのだと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です