IT業界で知り合いを作るには

今の生活の場で知り合いという方はどのくらいいますか。Facebookやブログなどをしているとたくさんいるし、会社や友達のその友達という方まで数えると結構な人数になりませんか。また知り合いという程でもないけど、趣味が似ているようでお店でよく会う人や会社で顔や名前だけ知っているという方もいます。

趣味の会うコミュニティで知り会って話しをしていると同じような仕事をしている人であったり、飲み屋さんでいつも会う人が偶然趣味が一緒で、よく遊びにいくお店も一緒でというような繋がりから、一緒に話しをしている内にもっと相手の事を知りたくなりただの知り合いから友人になり、一緒に仕事をするようになるケースもあります。

IT業界のことを調べていると、よくは知らなかった同じ大学の学生とあるセミナーで偶然会い、話しをしているうちにITの話しでますます話が合うことが分かり、“こんなことできたらいいよね!”的発想から試験的にやってみようよということで、一緒に仕事をするようになり、会社を立ち上げたという人も珍しくありません。

また仕事などに関係なく友人・知り合いなどをITの中に求めて、サークルなどのコミュニティを作り活動する場も作られました。ソーシャル・ネットワーキングサービスなどで、日本では、mixi、GREE、Mobage、Ameba、などがあります。これ以前にできたのがFacebook
で主にこのサービスを利用しお互いのプロフィールの交換やメール日記やブログの交換、コミュニティを作成し活動をすることなどができ、広く利用して友達作りや知り合い作りをしています。

今やその大きな組織となってしまったFacebookも最初は学生間でのやり取りだけだったのが広く一般に開放された形となり、今やビジネスにも使用されて収益も上げています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です