インターネットの普及

windows95の登場でパソコンが一般家庭に普及するようになりました。それに伴ってインターネットも普及してきました。初めは電話回線を使った今と比べると非常に遅いものでした。そのため、今ほど情報が多くありませんでした。

それがISDN、ADSLの登場でインターネットがかなり身近なものになりました。インターネットを使うとさまざまな情報が手に入るようになりました。そしてインターネットを使ってできることもどんどん増えていきました。IT革命とも言われています。

現在ではADSLや光回線、ケーブルテレビなどのブロードバンド回線と呼ばれる高速通信が普及しています。さらに、公衆無線LANなど外出先でもブロードバンド回線を楽しめるようになりました。回線速度の高速化でインターネットできることがどんどん増えてきました。世界中のさまざまな情報がインターネットで調べられます。ネットゲームが発達して顔も知らない人と一緒にゲームができるようになりました。

掲示板やブログ、SNSなどのようなコミュニティサイトが出現してきて人間関係の築き方にも変化が生まれました。さらには確定申告もインターネットからできるようになり、ネット選挙の解禁も議論されるようになりました。インターネットの普及とともにITという言葉が知られるようになって便利な世の中になりましたが、危険性も忘れてはいけません。韓国ではネットで誹謗中傷を受けた芸能人が自殺する騒動まで起こりました。便利な道具というのは、使い方を間違えると大変危険なものになります。そのような事をよく理解した上でインターネットを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>